波止場歓楽街

はとばかんらくがい【登録タグ:black、D 結月ゆかり
作詞:black、D
作曲:black、D
編曲:black、D
唄:結月ゆかり

曲紹介

  • 「演歌歌手結月ゆかり」さんの妖艶なボーカルで歌い上げられる「和風歌謡曲」。和楽器(琴)、エスニックハープの響きと断続的にブルージーな展開をする歌メロによって、行きずりの浮名を流す港町の情景が広がります(^^♪。

歌詞

作者サイトより転載)

離れに浮かぶ漁火と 白い船にさようならを
移ろい易い桜にも 風情を詠む愛しい人よ
はためく袖は 浅い沖に映えわたり
廃れかけのホテルのロビーとともに 波止場を誘い出す

潮風が肩を霞め 夢に出てきたのは夜
二十歳を前にしたままの様…波止場歓楽街

閑古鳥が鳴いたままの 歓楽街で淡い星を
土産物屋の明かりにも 胸を焦がす訪れ人よ
錆びた手摺は 渡り鳥を呼び集め 
吸いかけの煙草が飛ばされる 短い恋をも思わせる

潮風が髪を濡らす 喋りすぎたのは昨日
大人びた眼差しで見つめたの?…喜怒哀楽まで

はためく袖は 浅い沖に引き裂かれ
波止場で交わした言葉達に 揺れる想いは伝えきれずに

潮風が肩を霞め 夢に出てきたのは夜
二十歳を前にしたままの様…波止場歓楽街


コメント

名前:
コメント: