春の嵐 > のりP

はるのあらし【登録タグ:のりP 水野悠良 鏡音リン

作詞:水野悠良
作曲:のりP
編曲:のりP
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 動画:のりP
  • 昨年、水野さんに「またやろう」と詞を送って頂いた事がきっかけとなり、背中を押して頂く形でここまで辿り着きました。素敵な歌詞だったので、時間をかけて丁寧にメロディーを付けさせて頂きました。

歌詞

piaproより転載)

思い知らされる ひとりきりであること
冷たい風 この胸をすり抜けてゆく

季節は過ぎゆく 君と過ごした日々の
すべてが夢だと 片付けてしまいたい

記憶の奥底に 押し込めたはずなのに
春の香りが 君の面影呼ぶよ

桜舞う この季節に君がいない
あの場所で 手を振る君の幻
いつまでも 見つめていたかった日々
愛しい仕草 思い出せない その笑顔


沈んでしまった想いを拾い集め
忘れたい 忘れない その狭間にいるだけ

触れた時 苦しい あのあたたかさは もう
戻らない恋 僕はただ目を閉じた

また同じ春が来ても 君はいない
流れ行く時の重さに とまどう
繰り返す 見つからない探しもの
砂の嵐が持ち去った あの澄んだ空


コメント

  • うわあああ!!! -- 名無しさん (2018-03-31 21:01:05)
  • ひとひらのの続編っていう感じ? -- SINON (2018-08-01 19:01:05)
名前:
コメント: