そこに君がたとえいなくても

そこにきみがたとえいなくても【登録タグ: SetsU 初音ミク
作詞:雨河雪
作曲:雨河雪
編曲:雨河雪
唄:初音ミク

曲紹介

「アイ」の歌
  • 君がどこに行こうとも 愛は愛のままだった。

歌詞

(書き起こし)

朝日が 眩しくて
目を閉じてみるが
緋色が 僕の
視界を 染めてた

暗いまま 息を
して 「生きていたい」
「誰か」の声が それを
許さないままで
「生きてたい」なんて誰が願った?
「死にたい」と君に願った?
傷つくことすら 怖くて
出来ない 弱い虫だ
「居なくなりたい」だなんて 縋って
歌にして傷を残して
未練で溢れている(もの)
延命 させていたの

孤独が 怖いのは
愛を 知ってたから
「優しい言葉」が
「いつかの僕」を 刺すのだ

「愛してよ」なんて誰が縋った?
「愛して」と 君に哭いてた?
独りよがりな 愛 だけ
ただ歌っていたのだ
そこに「 」(きみ)はすでに居ないけど
君の「哀」はここにあるのだ
愛した分だけの「歌」が
ここで誰かを待つ

そこに「君」がたとえいなくて
ここで「僕」が もし 消え去ったとしても
君は僕を知らないままで
「アイ」を歌っていてよ
たとえ「愛似事(まねごと)」だとしても
混ざり物だって言われても
「失う」物なんかないさ ここに今「僕」がいる
ここに今「(ぼく)」がいた





コメント

名前:
コメント: