匿名希望

とくめいきぼう【登録タグ: shino 初音ミク
作詞:shino
作曲:shino
編曲:shino
唄:初音ミク

曲紹介

「君が僕であるというなら、僕は君で構わない」
  • shino氏の七作目。映像も本人が手掛ける。
  • Encode:メイ

歌詞

piaproより転載)

さあ 手を挙げろ
眠れぬ君と僕のパーティナイト
言葉の拙い人形のように嗤いかけてよ
君が僕であるというなら
僕は君で構わない
言葉を選んでいたら
日が暮れてしまうようで

だから
夜が明けるまでいっそ
このまま手を繋いで夢の向こうへ
白と黒で世界なんて変わりはしない
世の常よ

最期に
眠れぬ君と僕のパーティナイト
笑顔の拙いピエロのように話しかけてよ
世界の真ん中なんて
何処に在るわけでもない
見慣れた街の向こう側
朝日を待っている

だから
止まらないビートに乗って
生真面目な昨日を脱ぎ捨てていこうぜ
恥じらう事すら忘れて
踊り続ける某人間

いっそこのまま僕を笑ってくれればいい
きっとそれで君は幸せなんだろう
いっそこのまま僕を殺してくれればいい
きっとそれで君は生きていけるのだろう

だから
夜が明けるまでいっそ
頭痛を飼いならして夢の向こうへ
倦怠と空虚に遮られ己を捨てる
世の常よ

君を想うほど純情
されど人は誰もが自由な怪物(モンスター)
独り 当てもないままに
彷徨い歩き通せんぼ
世の常よ



コメント

  • ピコピコ感と歌詞好き。転調するところ好き -- Q. (2018-04-18 16:22:06)
  • 上に同意。転調がホントにいい。特に好き。あと歌詞もものすごく好き。頭痛を飼い慣らしてってワードすごく好きなの。もちリズムも好きよ -- ちきん (2018-04-18 18:01:23)
  • マジで伸びるべき -- 名無しさん (2018-04-18 21:05:42)
名前:
コメント: