時雨テンダー

しぐれてんだー【登録タグ: 初音ミク 葉山つばめ

作詞:葉山つばめ
作曲:葉山つばめ
編曲:葉山つばめ
唄:初音ミク

曲紹介

  • 寒くなってきましたね。もう冬ですね。

歌詞

ピアプロより転載)

時雨が冷たく濡らす
冬の香り風が通る
心の奥深くまで白く染めて
指がかじかむから

この手を握りしめてよ
別れ際はなお強く
サヨナラの後
痛みが残るほど

静かに日が暮れて
知らぬ間に歩を進め
気が付けばどこか知らない場所なら
帰り道を探して
迷いながら探して
世界の裏まで行こうよ

かじかむ指先から伝わる熱が
心の奥深くまで燃やして
風の中冬を追いかけて歩けば
二人の体を時雨がやさしく濡らした

雨は上がり星が水たまりに飛び込んで
泳いでいるかのように水面が揺れている
まるで闇の中へ誘うように光り
夜はまだまだ続く

闇の中二人の手が解けていく
一人は嫌だよ置いていかないで
痛みが残る手は別れを知らない
涙ひとしずく頬が凍るほど濡らした

時を忘れ
夜が明け
冬はそれでも寒く
時雨が降る

凍えた体が感じた温もりに
会心の笑みでもぎこちないね

コメント

名前:
コメント: