記憶

きおく【登録タグ: フナコシP 初音ミク

作詞:フナコシP
作曲:フナコシP
編曲:フナコシP
唄:初音ミク

歌詞

いつの間にか私のことなど
忘れ去っていくのでしょう
それは仕方のないことだけど
時々は思い出して

あなたと過ごした時間が
とても愛しく思えるの
それも不思議なことだよね
あなたとは喧嘩ばかりして

一人では辛いから
あなたのことを思い出して
私は笑うの
心から笑う

それも少しずつ消えていく
あなたの思い出が消え去っていく
だからお願い私のこと
ときどき思い出して

冬の匂いや入道雲や
朝焼けの感じとか
それも見られなくなると思うと
少しだけ寂しくなるよね

嫌なこと。悲しいこと。
楽しいことで覆い伏せて
私は笑うよ
心から笑うの

でもね少しずつ消えていく
みんなの記憶から消え去っていく
だから少しだけでいいから
私を思い出して

コメント

  • あっ、やばい涙が・・・。 -- ハル (2010-02-28 00:25:47)
  • うちの中の名曲 -- 浅利 (2010-10-08 22:32:05)
名前:
コメント: