Eternal Golden Age

作詞:薪原あすみ
作曲:さといも
編曲:さといも
唄:東北ずん子

曲紹介

ずん誕!\(ず・ω・だ)/ずん誕!
ずんちゃん生誕6周年おめでとうございます。
というわけで、今年のずん誕は少しシリアス路線でお送りします。

「いつも強い眼差しの君が好きだった。
夕陽を閉じ込めたようなファイアーオパールを見ると思い出す。
今は違う道を歩いてるけど、私は君のように強くなれないよ。
また会いたい。会えたなら、きっと今度こそ……。」

イラストは御前伶先生の描きおろし。なんと今回初コラボなのでありますヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)ノ
いつもとは違う、憂いに満ちた雰囲気のずんちゃんをお楽しみください。(作者コメより転載)
  • ずん誕2017参加作品。

歌詞

作者HPより転載)

夕日見ていたあの頃を覚えてる
手を重ねた思わず寂しさ感じて
きっと時間が永遠じゃないことを
そう知ってた幼い心のどこかで

長くなる影が何故だか怖くて
ただまっすぐ前を見ていた横顔を

忘れないよ今でもまぶた焼き付いて
もう逸れたけれど君の眼差しが
とても好きだったんだ胸の中光る
火を閉じ込めた石
いつかまた君に会いたい


草の匂いと風の音を思い出す
良く遊んだ空き地はもう今はないのに
何故かこの頃揺さぶるの思い出が
そう多分ね私は変わろうとしてる

一人踏み出すのもう帰れないと
でも君だけどうかそのままいてほしい

勝手だとは解ってる
だけど流れてく日々そして季節に
移ろわぬものが
欲しいだけなの
だから君よ色褪せず
あの眼差しのように
強い生き方でいて欲しい


忘れないよ今でもこの手握ってた
あの温もりそして君の眼差しを
とても好きだったんだ胸に灯る炎
熱閉じ込めた石
君のような人に会いたい


流されてゆく私だけど君だけは
ねえ思い出のまま輝いていてよ
道を見失わぬよう私導いて
もしまた会えたなら
君に誇れるよう生きるよ


コメント

名前:
コメント: