世界の針が刻む音

せかいのはりがきざむおと【登録タグ: みよ 初音ミク

作詞:みよ
作曲:みよ
編曲:みよ
唄:初音ミク

曲紹介


歌詞


錆びついた窓を いつものようにこじ開けて
しがみつく様な 背伸びで覗きこんだら
目が合った
自然と笑みが漏れる私を笑うあなた
ゆびさして「ちっせーな」なんて
失礼ね!

まわるまわる世界の針にのって
私はあなたを追いかけてるのよ 
いつまでもちいさな私じゃないんだもん
ここにいるのよ 私をみてーーー! 

どこまでも響け私の音
ギターの弦をかきならして
どこまでも届けわたしの歌
大きく大きくボリューム上げて
もっともっと あなたに届けーーー

え?目の前でゆーのうるさいって?
そんなのしらないもん
1.2.3.4!

ささくれた弦に思いの丈を叩きつけたら
君の指はボリュームをさげてたの
なんでと聞く私に うるさいからなんて
少しは私の思いに 気づけないの?

まわるまわる世界を刻む針の音が
私をあせらせる爆弾のよう
ちいさくても私の 夢は大きいのよ
夢に追いつくように 歌を叫べーーー!

どこまでも響け私の音
ギターの弦をかきならして
どこまでも届け私の歌
照らす街燈にお願いするように
いつまでもこんな日が続きますように・・・


コメント

名前:
コメント: