惑星脱出

わくせいだっしゅつ【登録タグ: 初音ミク 惑星P

作詞:惑星P
作曲:惑星P
編曲:惑星P
唄:初音ミク

歌詞

暗い星の海を 一隻の舟が行く
ひとりの少女が 外を眺めてる

朝も夜も無い小舟の中で
辺りはただ星屑またたいて
窓の外 眺めてる
こらえた涙 こぼれないように

ああ ただそれだけの日々が
過ぎて行く 時間の中で
私は正気を 保てないよ

遠ざかる 青い星を ずっと見ている
もう この手に触れることは
できないと 知っているけど…

ああ 舟は今どこを 進んでいるのか
あの星でみんなが 暮らしているのか

奴らの顔は見たくもないし
別に居残る理由もないし
馬鹿げてる おかしいよね
いないで欲しけりゃ いないでと言ってよ!

ああ ただそのことだけは
間違いと 言えなくて
今の私を とどめてるよ

ばらばらの 思い出のカケラを
ずっと 持っている
カケラばかり 眺めてみても
ひかりはしないのだけど…

今はもうここには 誰かの他意はなく
私の意識の 名残が揺れるだけ

全てのものは色を失って
白と黒陰影に分かれて
過去も無い 未来も無い
悲しみなんて忘れてしまったの

ああでも あの星だけは
青白く 輝いて
もう届かないことが 悔やまれるよ

遠ざかる 青い星を ずっと見ている
もう この手に触れることは
できないと 知っているけど…

今 わたしの 壊れた脳では
何が 間違っていたのかは 解らないけど
過去も 未来も 消え去った私は
とても 幸せだよ…

ずっと 見てる…
ずっと 歌うよ…

ここには 私の世界があるから
この小さな ムゲンの空で

ずっと 見てる 小さなあの星を
私の 大好きな 青い青い星を

見ているよ…
私がなくなる日まで…

コメント

  • たった今聴いてきました。ひぃぃ切ねえええ! -- pak_13 (2009-03-16 12:57:59)
名前:
コメント: