緑が歌う街

みどりがうたうまち【登録タグ: 初音ミク 糞田舎P

作詞:糞田舎P
作曲:糞田舎P
編曲:糞田舎P
唄:初音ミク

曲紹介

  • 糞田舎P の3作目。
  • 僕の住んでる街があまりにも糞田舎だったのでミク様に罵って頂きました。(作者コメ転載)
  • 曲調は疾走感がある爽やかなロック。
  • のちに投コメから「糞田舎P」というP名発祥の地となる。

歌詞

ざわめく草木が奏でる
僕らの街を流れる メロディー
揺らめく水面の波紋が
周波に恋をして伝う メロディー

尾を引いた 遠い飛行機
五線を描く 優しく注ぐ

この街の穏やかな
木漏れ日に包まれて 君は眠った
眩しそうに目を細め
太陽に手をかざし 緑の街で

空には鳥の声響く
果てなど無いと歌った メロディー
届いた風の便りには
旅立った君が歌った メロディー

駆け降りた 階段には
十二の色が 美しく咲く

この街の鮮やかな
花たちに囲まれて 君は叫んだ
嬉しそうに目を細め
太陽に手を伸ばし 緑の街で

坂道の頂上で臨む
この街を手の平に乗せ
口ずさむ僕の手には
数え切れない
魔法のメロディー

この街の歌声は
今日もまた響いてる 何処か知らない
惑星(ほし)までにも この歌が
空を越え いつの日か 届くといいな

この街の歌が 届くといいな

この街の歌が 届くといいな

コメント

  • いいミク歌だなあ -- 名無しさん (2009-04-21 20:33:00)
  • 罵るどころか、讃えているじゃないですか(笑)。でも本当に良いですよね。田舎の暮らしって。 -- 竜奇 (2012-01-29 21:35:40)
名前:
コメント: