星降る夜 > おぷと

ほしふるよる【登録タグ: おぷと 鏡音リン 鏡音レン

作詞:おぷと
作曲:おぷと
編曲:おぷと
唄:鏡音リン・レン

歌詞

一人きり過ごす夜は 氷のように冷たく
テレビも眠たいようで 一言も話さないね

どうしてこんな時代に 生まれてきたのだろうと
問いかける間もなく今 始まるよ コンサート

星降る夜に 風を切り飛び出そうよ
夢見た景色を 求め走り出そう
駆ける足元に 僕の家遠ざかって
流れる星々 追いかけてよ (追いかけてよ)
捕まえ飛び乗り行こう未来へ

朝焼けを見たくなって 少しだけ早起きした
なんとなく機嫌がいい 風の声も澄み渡る

いつもの通りを歩く いつもと違う鳥がいる
暖かな日差し浴びて 奏でるよハーモニー

流れるメロディ 君の声風に乗って
乾いた空気に 潤いを注ぐ
やがて日が沈み やってくる星の世界
今夜は掴もう 目指す道 Ah

星降る夜に 風を切り飛び出そうよ
夢見た景色を 求め走り出そう
駆ける足元に 僕の家遠ざかって
流れる星々 追いかけてよ (追いかけてよ)
捕まえ飛び乗り行こう未来へ


コメント

名前:
コメント: