僕が生まれた朝

ぼくがうまれたあさ【登録タグ: ンチャP 初音ミク

作詞:ンチャP
作曲:ンチャP
編曲:ンチャP
唄:初音ミク

歌詞

一人の少女が居た
すべて知り尽くしていた
自分が いつ どこで どんな形で死ぬのか

突然 走り出した
命は 輝いていた
全身に流れるもの
使い切ってしまうかのよう

時間は 止まらず ゆっくり 流れてゆく
彼女の 足取り ゆっくり 早くなる

僕は明日に 死ぬ身なんだ
全てを 受け入れ 身を投げる
全てを 知ったあの朝は
僕が生まれた 朝だった

彼女は動かない
自分の居場所 なんて
世界のどこでもないこと
知ってしまったかのように

時間は 止まらず ゆっくり 流れてゆく
彼女の 足取り ふらつき 泣き出しそう

僕は明日に 死ぬ身なんだ
全てを 受け入れ 身を投げる
全てを 知ったあの朝は
僕が生まれた 朝だった

一人の少女が居た
すべて知り尽くしていた
自分が いつ どこで どんな形で死ぬのか

肩を 抱く者がいた
笑顔で彼女は返した
悲しみは そこにはもうない
命は 輝いていた

時間は 止まらず ゆっくり 流れてゆく
彼女の 足取り ふらつき 泣き出しそう

僕は明日に 死ぬ身なんだ
全てを 受け入れ 身を投げる
全てを 知ったあの朝は
僕が生まれた 朝だった


コメント

名前:
コメント: