ドロローサ

どろろーさ【登録タグ: KAITO 新幹線P

作詞:新幹線P
作曲:新幹線P
編曲:新幹線P
唄:KAITO

曲紹介

  • タイトルはラテン語で悲しみの意。Tempus Dolorosaは「悲しみの時」。
  • 独り残された者が、嘗ての幸せな時を思いながら、自らの滅びを受け入れる心境を歌った歌。
  • 解釈によっては、「VOCALOID・KAITOの最後」とも受け取れる。
  • 新幹線P独特のKAITOの声と打楽器の反響が相まって、絶妙の不安感と沈滞感を醸し出している。


歌詞

(動画から書き起こし)

ひび割れた硝子の目 冷たい雨が
あの日々の尊さ 儚さを刻んでる

僕の中の時は あの日のまま止まってる

錆付いた心は ただ鈍く軋むだけ
また僕は機械に戻る Tempus Dolorosa

かつての暖かさは もうここには戻らない
朽ちてゆくこの家の中で 静かに眠ってる

錆付いた心はただ 鈍く軋むだけ
頬を伝う最後のオイル Tempus Dolorosa

かつての暖かさを 夢でも感じたかった
朽ちてゆくこの体と 静かに眠りにつく

コメント

  • 万人受けはしないだろうけど、名曲 -- 名無しさん (2009-02-04 04:37:08)
  • これはそっと評課されるべき -- 名無しさん (2009-02-15 18:47:51)
  • GJGJ!!最高だ!! -- 咲 葉日菜 (2009-07-01 19:21:50)
名前:
コメント: