アッシャムス

あっしゃむす【登録タグ: KAITO 新幹線P

作詞:新幹線P
作曲:新幹線P
編曲:新幹線P
唄:KAITO

曲紹介

  • KAITOお誕生会2009(クリプトン歴の2月17日)に寄せた曲。アルカマルとは対になる。
  • タイトルの原表記はالشمس(aš-šams)で、アラビア語で太陽の意。
  • 太陽が好きな吟遊詩人の歌(Pのマイリストより)

歌詞

(動画から書き起こし)

乾いた風が 砂をさらい吹く
紅い空の陽が 身を焦がした

あの陽の熱が 草木を焼き
大地の水を飲み干し 笑う

あの灼熱の紅い光が アッシャムスの光が飲み込んで
僕はただ神の下で 貴方を見上げ目を細めてる


夜の闇が満ち 全てを隠す
凍った空気が 溢れ飲まれる

あの陽の炎を 求め伏す
夜の無情さに 怯え歌い

黒い霧を払い目を出す 長い夜にも終わりがきて
さあ奏でよう貴方の歌を 夜の闇に包まれる前に


ああ恐ろしくも力強く 皆を照らし焼くアッシャムス
貴方の火をその光を 浴びて静かにただ目を閉じた

コメント

名前:
コメント: