バトンパス

ばとんぱす【登録タグ: JASRAC管理曲 カニミソP 神威がくぽ

作詞:カニミソP
作曲:カニミソP
編曲:カニミソP
唄:神威がくぽ

曲紹介

  • がくぽによる卒業ソング。カニミソP自身も卒業を迎えるらしい。
  • 画力が微妙に向上した模様。

歌詞

作者ブログより転載)

いまバトンを渡すよ君に

短く長い時過ごしてた
すべてが新しくて輝いてた
時計の針は動き続けて
どんなことも記憶の奥底に刻んだ

青春の1ページは短距離走のように
息をつく暇もないまま通り過ぎてゆく
どれだけ精一杯走りきれただろう
君になにかを残してやれるというのだろう

初めて会った二年目の春
海辺ではしゃいでいた眩しかった夏
自転車でかけた思い出の秋
雪投げ合い遊んだ二度と戻らぬ冬

人生のワンシーンは連鎖していって
まるでリレーをするように積み重なっていく
すべてに全力をだしきれたとき
きっと素晴らしいなにかを手に入れるだろう

すでにスタートの合図は鳴った
ゴールライン越えるまで足を止めない

青春の1ページは短距離走のように
息をつく暇もないまま通り過ぎてゆく
未来になにかを残せるとしたなら
儚い願い込めていまバトンを渡すよ君に

コメント

名前:
コメント: