ベントスの夜

べんとすのよる【登録タグ: KAITO ソロモンP 初音ミク

作詞:ソロモンP
作曲:ソロモンP
編曲:ソロモンP
唄:初音ミク・KAITO

歌詞

ピアプロより転載)

空気の中を漂う水滴の
ひとつひとつまで見えそうな夜は
ぼわりとけぶる街灯のむこうから
一晩限りの特別なバスが出る

空の底に生きるベントスの僕は
深海魚に乗って静かな夜を行く

ダイオウイカの切り身かシャコガイのむき身を
切符代わりに御者は手綱を執る
貸切の夜行バスはふわりと浮かんで
ライトは点けずに霧の海を滑る

ベントスの僕を乗せたゾウギンザメは
そっと羽ばたいてゆるやかに夜を越える

海の底から透かして見る空と
大気の下から見上げる宇宙の
色はどこまで同じだろう?

夜の底に生きるベントスの僕は
深海魚に乗って星の下を泳ぐ

空の底に生きるベントスの僕は
深海魚に乗って静かな海を行く

夜が終わるまで

コメント

  • 新曲から癒しコンビ最高 -- 名無しさん (2010-12-07 22:03:39)
名前:
コメント: