歌姫の少女

うたひめのしょうじょ【登録タグ: 初音ミク 初音ミクオ 尻切れ/アリアP

作詞:尻切れ/アリアP
作曲:尻切れ/アリアP
編曲:尻切れ/アリアP
唄:初音ミクオ(初音ミク)、初音ミク

歌詞

それは、月の欠けた夜でした

外の世界で 野良犬のように生きても
君のコト 忘れないよ 約束したから

辿り着く 懐かしい場所の
フェンスは 越えられなくて
窓から漏れた 灯りの中
冷えたそこに もたれた・・・

「どうしていないの!おねがい、あわせて!」
「あいつは逃げたと言っただろうが!」
「うそ!やくそく、したもん!」
「うるさい!お前はただ、歌えばいいんだっ!」
「もうやだあ!」
「くそ、もう今日は寝ろ!」
「あいつのことは、早く忘れるんだな。お前を捨てたんだからなあ!」

空の星に 願ったら 届くかな・・・
あの星が 流れたときには 願いが叶うかな・・・

※( )はミク・【 】は2人
同じ(月を)見ていること(信じ)
僕らは また(今日も)【歌を 歌うよ】
どんな(遠く)離れてても(きっと)
ふたりは あの(歌で)【繋がってるから】

「明日はとうとう、【歌姫】のお披露目か」
「はっ、あれから16年・・・、時の経つのは早いもので」
「楽しみにしておるぞ」
「もちろん、陛下のご期待を裏切りませんとも」
「はっはっはっはっは・・・」

ねえ 君は今も
あの日を憶えてる?
春の空 一面の花
契った小指も・・・

言われるままに 歌を紡ぐ
人形のような 役割でも
私の声が どこかにいる
君に届けば、それだけでいいの・・・

同じ国に 生まれたなら
手を繋ぎあって
共に立ち上がろう
私たちは もとはひとつ
声を揃え、歌おう・・・

少女は、国王の望んだ歌姫になりました
少年は、少女と交わした約束を思い出していました

「ずっと?おおきくなっても?」
「うん、ずっと、ずーっと」
「じゃあやくそく!はい!」
「ゆびきりげんまん、うそついたらはりせんぼんのーますっ」

「あの、やくそくを・・・」

コメント

  • 最高。ハモるところもよかった。会話のところで、悲しい気持ちが伝わった。 -- 黒猫 (2009-04-07 22:53:09)
  • ハモるところ大好き!!
    ミクとミクオの会話は好きだけど それ以外の会話は 聞いててちょっと ぞっとする…
    でも それ以外は好き!! -- 梨緒 (2009-08-13 18:29:02)
  • 歌詞を少し修正しました。 -- 名無しさん (2011-01-24 16:51:36)
名前:
コメント: