舞姫

まいひめ【登録タグ: MEIKO 冬沙

作詞:冬沙
作曲:冬沙
編曲:冬沙
唄:MEIKO

曲紹介

  • ピアノの音色とMEIKOの歌声が奏でる王道のバラード
  • 哀愁漂うピアノの音色、MEIKOの切ない高音の歌声が歌の世界を深め広げる。

歌詞

此処に貴方が来ないことは
もうずっと前から分かっていたけれど
今こうして、それを知ってしまう事は
やはり少し切ないものですね

世の中がせわしく移り変わっても
私の時間は動かないままで
待つことさえも幸せだった
あの頃から動けず、戻れずに・・・


幾年月前のあの日
誓いを交わしたこの地は
あの時の面影は無いけれど
楽しさと、幸せは残ってました

だから此処に私が来れた事で
私は沢山のものを失ったけれど
同じくらい沢山のものを
授かれたのだと思えるのです

今此処のこの場所へこの想いと
この涙は置いていきます
辛い二人から、優しい他人へと
一歩だけ前に出るために

(間奏)

もしも今日ないた事で
笑顔が戻るのなら
泣いて、泣いて泣いて、疲れ果てるまで泣きます

踊り高ぶり舞い上がっていた自分へ
それを、少しの戒めにします
辛い二人から、優しい他人へと
一歩だけ前に出るために


コメント

  • すごく好きです。やっぱり鴎外の舞姫をさしてるのかな? -- きら (2010-04-17 17:13:15)
  • こうゆう系の曲泣ける!!(泣) -- あいあ (2013-10-22 19:05:48)
名前:
コメント: