トモエ > さだまさP

ともえ【登録タグ: さだまさP 巡音ルカ

作詞:さだまさP
作曲:さだまさP
編曲:さだまさP
唄:巡音ルカ

曲紹介


歌詞

夏まだけき闇の中 貴方の腕の中で
今女の殻を捨て 武士になる

愛し愛された昨日は すべてが夢のごとく
ほとに残る熱情 押さえて馬に跨る
鏑矢の音蹄の鼓動 かちどきを上げながら
貴方はその広い背中に 明るい朝日を浴びて
今駆け抜ける近江路を 腐れる都目指し
遅れず轡を並べ 大刀を手に貴方を守る

愛し愛された昨日は すべてが幻のごとく
貴方のくさびを抜いて 鎧を身にぞ纏う
死に急ぐ戦いの中 いづれ散る覚悟とて
貴方は広い背中を 倒す場所を求めて
さぁつき抜けよ強弓よ たれが私の敵ぞ
別れの時はもう近い 涙をこらえ刃を振るう

コメント

  • 巴御前とルカさん、あってます!!曲も神^^ -- 涼音ジュリア (2012-08-18 22:20:57)
名前:
コメント: