待宵の歌姫

まつよいのうたひめ【登録タグ: わんだらP 初音ミク 巡音ルカ
作詞:わんだらP
作曲:わんだらP
編曲:わんだらP
唄:初音ミク(ミク版)、巡音ルカ(ルカ版)

歌詞

作者ブログより転載)

黄昏色 グラスに注いで 巡る夜を今日も空かす
音に煙るステージに立ち 探すのは貴方の姿

旅立ちの日にくれた指輪 マイクを持つ手に 光り 私を守り続けてる

この歌を灯火に 貴方が迷わぬよう 帰る場所 明るく照らしておくから
待ちわびて焦がす胸 今はただ愛を込めて歌う


溶ける氷 グラスを鳴らして うらはらな心に響く

人も喧騒も淡い夢と 移りゆく中で 独り 変わらず歌い続けてる

この声の温もりで 貴方が倒れぬよう 傷も疲れも 癒すこと叶うなら
枯れようと果てようと 絶やさずに願い込めて歌う


眠らない店 空を望む 私の朝日を連れてきて

この歌を灯火に 貴方が迷わぬよう 帰る場所 明るく照らしておくから
いつの日か手を広げ 私にも その胸へと帰らせて

コメント

名前:
コメント: