木漏れ日

こもれび【登録タグ: toya 鏡音レン

作詞:toya
作曲:toya
編曲:toya
唄:鏡音レン

歌詞

ピアプロより転載)

今、この瞬間を
誰もが本気で歩いてる
マイペースな人も
息を切らせ急ぐ人も

僕と並んで歩いてた人は
いつの間にか前にいて
その人を照らす木漏れ日は
とてもきれいだった

ねぇ、僕はちゃんと前を向けている?
まわりの歩幅を確認したり
つい後ろが気になってしまうのは
僕が悲しくなるほど小さいから

ふいに転んで
置いて行かれて
でも立ち上がることを
少し、ためらって
こんな冴えない僕は
こんな惨めな僕は
真っ直ぐに歩む人の目に
どう映っているのだろう?

ねぇ、僕はちゃんと僕をしている?
そんなに自分が嫌いじゃなくても
つい他の誰かになりたがるのは
外が苦しくなるほど眩しいから

どれが答えで
何が間違いかも
分からなくなるほど
歩き疲れて
ただこの道に迷うこと、それ自体に
一つでも意味があるのなら
僕はまだ頑張れるから


ふいに転んで
置いて行かれて
声を上げたくて
それすら・・・出来なくて
こんなどうしようもない、出来損ないの僕でも
真っ直ぐに歩む人の
道標になれますか?

どれが理想で
何がしあわせかも
分からなくなるほど
歩き疲れて
ただこの道に迷うこと、それ自体に
一つでも意味があるのなら
僕はまだ頑張れるから

コメント

名前:
コメント: