プリンセス

ぷりんせす【登録タグ: レッドカードP 初音ミク

作詞:レッドカードP
作曲:レッドカードP
編曲:レッドカードP
唄:初音ミク

歌詞

沈みゆく太陽からの
哀れみの眼差し
傾きかけたコンクリに
目をそらされた

今も変わらず遺された
錆びついたブランコまでも
語る術を持たずにただ
老いて逝くを待つ

人となりの少女だから
夢見がちなまま
白馬に乗る王子様を
ただ待っている

名前すら知るものもなく
消え行く雲を見つめては
また生まれる空を眺め
夜の闇に消え

哀しみに囚われ
涙も涸れ果てて
それでも笑って
来ない明日を待ち続け

その姿さながら
箱の中の王女
見えない明日を待つ
その頬に涙

行方も知らず過ぎゆく
群れを為した亡霊
虚ろな目の中からは
野望の光

今も変わらす遺された
砂の白の王女さま
変わり続く街の色も
闇の夜に消し

いつまでも待ち続ける
フリルのドレス
楽しく寂しく
枯れた花のブーケット

その姿さながら
箱の中の王女
戻れぬ昨日を待つ
その頬に涙

コメント

名前:
コメント: