勧酒 (quanjiu)

かんしゅ【登録タグ: Danzig たかP 神威がくぽ

作詞:Danzig
作曲:たかP
唄:神威がくぽ

曲紹介

  • フォークギターの音色に乗せて、神威がくぽが歌います。
  • 「サヨナラ」ダケガ人生ダ

歌詞

PIAPROより転載)

さくらの花びら今年も散って
これでまた一つ歳をとった
何千年も繰り返す生命の
ほんの一瞬花を咲かせる

夕日の紅にきのうを想い
暮れる星空にあしたを想う
零れ落ちてく時間の欠片に
苛まされる切ないこの想い

時代が変わっていくその中で変わっちゃいけないものがあると
酒を片手に哲学ぶって置き去りにされる自分を慰める

旅の途中で出会ったあいつと
酒を酌み交わし夜を明かした
同じ世代の空を仰いだ
男達にしか話せぬ事もある

夢や希望を語った頃には
知らぬもどかしさ憂いていた
何も分からず彷徨う時代が
夢の途中と知ったその寂しさ

遷り行く時に身をゆだねながら枯れていく事がいい大人だと 
悟ったように言っては見るが未来(あした)の何かを諦めきれなくて

久方ぶりに帰った時の
親父の背中がふと目に浮かぶ
あんなに憎んだ男の背広に
時をつむいだ重さが滲んでた

働くだけの生き方なんて俺はゴメンだと叫んだあの頃
ただお袋と酒を飲むだけの何も語らない二人を憎んでた

不器用な事は恥ずかしいことと器用に生きれぬ男を恥じた
馬鹿な俺がようやく知った親父の好きだったこの酒の旨さ


コメント

名前:
コメント: