異端狩り

いたんがり【登録タグ: ざわざわP 初音ミク

作詞:ざわざわP
作曲:ざわざわP
編曲:ざわざわP
唄:初音ミク

歌詞

ピアプロより転載)

誰も許さない!
(幸せだった日々は……)
みんな死んじゃえ!!
(もう……戻らない……)

「1年前」

A

私は歌う
事しか出来ない
貴方の人形
でも今日からは違う


貴方の想いが
私を変えた
自由に動ける
会話も出来る! 


貴方の愛で
魂が宿る
小さな奇跡
ああ、何て幸せ!

「そして、現在」

サビ

私を愛して!
独りにしないで!
あなたどうして
死んでしまったの?

間奏

男は極東からやって来た天才人形師。
彼は心血を注いで「歌う」人形を作り上げた。

勿論、人形には「歌う」以外の機能は無かったが、
男は毎日人形に話しかけ、慈しんでいた。

人形は大切にすると、魂が宿ると云う。
男の深い愛情によって、「彼女」は動き始めた。

恋人同士になった二人。
男と「彼女」は何処に行くにも一緒だった。

しかし、移民で異教徒の彼を快く思わない者も多く、
村人は彼を始末する計画を立てていた。

「おい、狂人が通るぞ!人形に話しかけてる!」
「なんて不気味な……これだから異教徒は……」
「教会に、アイツの排除を頼もうよ!」

そして、起こった悲劇。今は憎しみだけが彼女を動かしている。
憎悪の念が、彼女の心と体を侵食し、変化させていった……


2番


「邪教の使徒は
許されない
呪いの人形を
今すぐ棄てろ!」


教会からの手紙
最後通牒
貴方は豪快に
破り捨てた


「裁判が有る。」
「でも心配しないで。」
そう云って貴方
頭撫でてくれた

サビ

異端裁判
判決が下る
「人形の没収」
「焼却処分」


私がいなく
なる事で貴方が
許されるなら
「私、喜んで焼かれるわ。」 


貴方が無罪で
本当に良かった!
マスター、貴方が
大好きだったよ!

「彼女は大好きな男の目の前で、教会の大きな暖炉に放り込まれた。」

「ミクっ……!」

サビ

マスター、どうして?
何をしてるの?

「男は彼女を助ける為に暖炉の中に飛び込んだ。」
「彼女をかばうように抱きしめながら男は焼死した。」

群衆
「馬鹿な男だ」
「人形と心中……?気が狂っているんじゃないか……?」
「邪教の使徒と、呪いの人形を同時に片付けられて、一石二鳥だったな。」
「一人で人形に話しかけていたものな……気持ち悪い。」
「あいつなら人形を目の前で暖炉に放り込めば、絶対助けるために飛び込むと思ったよ。」
「あはははは、黒こげだ!」

ミク
「許せない……絶対許さない!」

サビ

誰も許さない!
鏖にしてやる!!!
暖炉から飛び出して
一人…また一人…

「殺してく」

コメント

  • もっと伸びろおおおおお(ry)最初聞いたとき「私、喜んで焼かれるわ」で涙腺壊れたorz -- 名無しさん (2009-09-25 14:47:54)
  • ↑同感!!!涙がとまらなくて困った;_;思いだしてもナケル;_;何故伸びん。。。。。 -- °3°@ (2009-09-29 18:57:40)
  • これ、気になるケド見つからない(;_;) -- 名無しさん (2009-10-06 07:19:47)
  • ↑多分、まだyoutubeにはうpされてないかと -- 名無しさん (2009-10-11 14:59:58)
  • 群集がひどい・・・。 -- na- (2010-03-01 17:07:01)
  • 男役を士●にして、人形役をア●ヤにする。うぉぉ、なんかピッタリ・・・ -- 名無しさん (2011-03-30 18:20:26)
  • ↑やめろ。 -- 名無しさん (2011-04-18 16:38:07)
  • 聞いていて即好きになった物語音楽のひとつです 最初聞いたとき物語が深くって 聞き入って涙腺壊れてしまいました もっと伸びてほしい曲です  -- 麻里亜 (2011-08-19 07:29:33)
  • 群衆ざまあ!←← -- 名無しさん (2011-12-26 13:57:45)
  • こ、この…っ てめーらもほうがよっぽど心無いわクソ群衆! -- かのん (2016-09-10 10:54:36)
名前:
コメント: