曇り空の向こうに

くもりぞらのむこうに【登録タグ: niconiconao 初音ミク

作詞:niconiconao
作曲:niconiconao
編曲:niconiconao
唄:初音ミク

歌詞

風の穏やかな日に
君はひとり旅立った
新しい命の息吹
聞こえる季節に

ぼろぼろの体で
走り続けた君が
残していったもの
繰り返し確かめてる

遠く空の向こう
君の耳には届くはずないのに
君の名を呼び続けた

いつかは別れが
必ず来ることは
わかっていたはずなのに
涙がこぼれ落ちる

すさんだ夜に見上げた
星の見えない大空
立ちはだかる不安に
潰されそうな私に

君は手を差し伸べて
救いあげてくれた
君にもらった勇気が
この心を支えてる

空を覆うのは
いまも灰色の雲
でも君が導いた
一縷の光が見える

受け取った光を 繋いでいくよ
絶やさないように
いつか黒い空が
晴れ渡るその日まで

受け取った力を
大切に握りしめて
進んでみせるよ
涙を振り払って

だからありがとう
君のくれた勇気の歌に
だからありがとう
君のくれたやさしい歌に

コメント

  • この曲好きだな。。。元気出る^^ -- koromo (2010-05-07 17:20:06)
名前:
コメント: