一度だけの夜に貴方を想う

いちっだけのよるにあなたをおもう【登録タグ: 水城時計 鏡音レン

作詞:朱鷺
作曲:水城時計
編曲:水城時計
唄:鏡音リン、鏡音レン

曲紹介

  • 今回はPIAPRO内のコラボ「恋憂節季-12SeaSons-」の処女作品となります、ちょっと遅れましたが七夕ソングです^^(作者コメントより転載)
  • 鏡音の悲恋ソング。七夕ネタ。

歌詞

PIAPROより転載)

手を伸ばしても遠くて届かない 
君と僕の距離 同じ空見上げながら

流れてく星座 数え切れないほど
空を覆う光は 僕等をきっと見つめてる


一年に一度だけしか 会えない切なさ
星屑を辿る様に 君を想った


『出会わなければ良かったな』
なんて口にして

強がったつもりでいたのに 何故
心埋める君の涙切なくて




肩を並べて歩く事すらない 
貴方と私の 思い出を数えながら

流れ行く星は 数え切れないほど
夜空を覆う光 私達をただ探してる


一年に一度だけしか 会えない切なさ
星屑を辿る度(たび)に 貴方想った


『出会わなければ良かったな』
なんて言わないで

貴方と出会えてなかったら ねぇ
心埋める想い知らないままだった




『貴方と会えて良かったよ』
そっと口にして

私は貴方と会えたこと 嗚呼
切なくて辛くても良かったと想う

コメント ※当分の間閉鎖します。