つきこもり

【登録タグ: ●テラピコス 初音ミク

作詞:●テラピコス
作曲:●テラピコス
編曲:●テラピコス
唄:初音ミク

曲紹介

  • 童謡をモチーフにしたような和風ロック

歌詞

猫が丸い おこたの中
夢の合間に覗く夢
冬のまどろみ 心地よく
昼間から 夢を見てた

小さな頃の私が
ひとりでずっと遊んでる
辺りはしんと鎮まり
人っ子一人 見当たらない

勝って嬉しい 花いちもんめ
あの子が ほしいと
あの子じゃ わからん 花いちもんめ
相談して みやせんかいな?

暮れなずむ空 永遠の灯が
もう誰も居ない道 照らしてる
行きはよいよい 帰りはこわい
私を 誰もが見失った 世界

ふるると吹いた しゃぼん玉
雲の上まで飛んでゆけ
風に吹かれて消えぬよに
風見鶏に願い事

しゃぼんは屋根まで 昇りもせずに
うまれて すぐ消え
大きく膨らませるも 割れれば刹那
飛沫をただ 散らして消えた

悲しみさえも 弔いの火が
灰にして 風に乗せ運ぶ
物言わぬ 白黒(モノクロ)の祈り人たち
目を瞑り 空に星を浮かべる

全てのものに捧ぐ祈り
私を包む 福音の音
私が居なくなる その後も
世界は続いて行くのでしょう
永遠に

まんまるまるの お月様
うさぎが跳ねる 月の晩
あなたも どこか遠くで
同じ月を見ていますか

逃げても追っても
離れぬ 月のよう 見下ろしてて
離れてたって 忘れないよ 月並みだけど
約束する また会いましょう!

夢の合間に覗いた夢に
涙が頬を伝い流れていく
他愛の無い夢だと 忘れることが
どうしても 私にはできなくて

燃え尽きることのない 永遠の日も
星の裏までは照らせずに
朝が来て 夜が来る 幸せの日々
空を見上げれば 月でうさぎが
跳ねて

コメント

名前:
コメント: