苦艾の夢

くがいのゆめ【登録タグ: 巡音ルカ 青幇P

作詞:青幇P
作曲:青幇P
編曲:青幇P
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • スローテンポでオーケストラっぽいアレンジの暗い曲です。(作者コメより転載)

歌詞

PIAPROより転載)

月の光は蒼く 記憶から零れた街
雲は影を落として 永遠の眠りを見守る

朝靄が草木の葉に降りて雫となったなら
僕はここを捨てて どこへ行こうか
どこまで行こうか

……確かにさっきまで触れてたんだ
この街に溢れてた温もりに
……違ったのかな 夢だったのかな
だって僕はこんなにも凍えてる

蒼 夢に見ていた あお 果てなき空の青

夏の陽射しに焦がされる錆びたフェンス
絡む蔦の緑 強く瞳を差して
眩し過ぎて空を仰いだ

……瞼の裏に今も見えるんだ
この街に溢れていた光が
……違ったのかな 夢だったのかな
だから僕は瞳閉じたのかな

月の光は蒼く 永遠の夜に眠る街

コメント

名前:
コメント: