星舞リフレクション

ほしくずりふれくしょん【登録タグ: stereoberry 初音ミク

作詞:stereoberry
作曲:stereoberry
編曲:stereoberry
唄:初音ミク

曲紹介

  • キラキラとしたメロディ星のうた
  • 夏の星空の下天体観測をしてる気分になるメロディ

歌詞

暗闇を振り切って 僕たちが見つけたのは
高く舞う星たち
届かない距離からも 手を伸ばすその訳を
胸にしまいこんでいる

高く滲んだ空が街を包んで
風の匂いが少し甘くなってく
靴の紐を結んで歩きだす
風の匂いで夜の訪れを知る

笑いあえた日々から飛び立ったつもりでいた

散らばる点を繋いで線で結んで
御伽話がひとつ浮かんでゆく
起動に沿って無数の弧を描いて
いつか飛ばした紙飛行機を思い出す

ありふれてる言葉で悪あがきをして
君はその場で少しうつむいてまた空をみた

暗闇をすり抜け遠くまで響く歌が
夜空と混ざり合う
目を閉ざした一瞬で 思い出に変わってく
はかなさに背を背けていた


耳鳴りのような夏の日
リフレクション 鏡みたい

暗闇を振り切って 僕たちが見つけたのは
高く舞う星たち
届かない距離からも 手を伸ばすその訳を
胸にしまいこんでいる

暗闇をすり抜け遠くまで響く歌が
夜空と混ざり合う
目を閉ざした一瞬で 思い出に変わってく
今を話さずにいたい



コメント

名前:
コメント: