花待歌

はなまちうた【登録タグ: 深爪P 神威がくぽ

作詞:深爪P
作曲:深爪P
編曲:深爪P
唄:神威がくぽ

曲紹介

  • 深爪Pの初オリジナル曲。
  • 自作PVのクオリティも高く、ぬるぬる動く。花札がモチーフとして効果的に使用されている。

歌詞

淡く千切れた言葉を
辿る細い指先
このまま続けましょう
過ぎた嘘は見ないふり

色づく視線の先に
潜む心震わせて
ほしいと合せたその手に
惑うのなら

灯る 月の明かり
ざわめくすすきに攫われても
それでも 一度きりのこと
願った 面影
徒に遊ばれ消えゆくなら
今は この手の中

花吹雪
追って 駆けて 抱く
幻に濡れても
あなたが
一人 残す その足跡さえ奪って
添わせて 遊ぶ 香り 求め
ただ繰り返す囁きを
甘く 染めて

つないだ望みの先に
隠す心騒がせて
誘った仕草に酔わせて
もう一度と わらうのなら


儚く落とす涙は
夜明けまでのかけひき
どうかまだやめないで
只の夢と知りながら

重ねた記憶の先に
しのぶ心伝わせて
掠めた望みの熱さえ
拒むのなら

雨に滲むやなぎ
さざめくときに流されるなら
それなら 逃れ待つばかり
静かに溺れて
色褪せた想いが照らす夜に
もがき 捕らえた罠

花吹雪
舞って 落ちて 気づく
偽りに揺れても
あなたの瞳に咲く
その情熱さえ奪って
焦らして 二人 胸に 抱く
輝きが優しく終わり
告げて

花吹雪
追って 駆けて 抱く
幻に濡れても
あなたが
一人 残す その足跡さえ奪って
添わせて 遊ぶ 香り 求め
ただ繰り返す囁きを
甘く 染めて


焦がれた痛みの奥に
秘めた心抱きしめて
この手で残したかけらに
散りゆくのは
紅いさくら

コメント

名前:
コメント: