夏色 > あ、う、とP

なついろ【登録タグ: あ、う、とP 初音ミク

作詞:あ、う、とP
作曲:あ、う、とP
編曲:あ、う、とP
唄:初音ミク

曲紹介

  • メロディアスなバラード
  • 優しい綺麗な音が重なり合い心地良いメロディを奏でている
  • 君から届いた1通のメールから、あの夏の記憶を思い出す歌

歌詞

piaproより転載)

夏が終わる頃に
届いたメールには
「今年は帰るの?」と
君らしい絵文字で

添えられた写真は
無邪気な顔の君と僕
幼すぎる時間

幼い日の影を
追いかけてみたくて
降り立ったバス停
アノ時と同じで

落書きの文字には
楽しい日々と
「あいしてる」
君の字で

あぁ 夏色に
風が通り抜けて
あぁ なにひとつ
変わらない
この風景

おかえりなさい、って
ささやきかける
木立の色が
まぶしくて

聞き覚えある
やさしい声が
振り返ればそこに
君がいるはずだった

夕暮れの校庭
ひとりで歩いたよ
あの頃より少し
背が伸びたみたいね

夏祭りのあと
君がくれたキスは
僕の最初で最後の
切ない恋

夜空の花火のように

おかえりなさい、って
ささやきかける
蛍の群れが
目映くて

花束をもって
いつもの場所に
そっと そっと そっと
置いてきた

あの時間から
戻れぬ場所へ

コメント

名前:
コメント: