胸の痛みに君の匂い

むねのいたみにきみのにおい【登録タグ: KAITO メロネード(仮)

作詞:メロネード(仮)
作曲:メロネード(仮)
編曲:メロネード(仮)
唄:KAITO

歌詞


通り過がる雨の温度が 無駄に熱もったこころの
ボタン付きのポッケ 開いた隙間から染み込むよ
心地いいなぁ

まだ泣いちゃないけど でも それ以上に
瞼に映る落書きが増えていく…
虚しいなぁ

"まだ髪は切ってないんだ"
たまに見る友人ごしの写真には
変わらないと思う その笑顔に癒されて

残された胸の痛みに 細切れになる昔(とき)の記憶
染み付いた君の匂いも 寝た後にまた思い出すよ


考えごとみたいに 二人してごまかした
あの頃に気付いてたはずさ 僕も君も全て
あぁ 酷だなぁ

まだ何も知ってなかった
手のぬくもりも歩く歩幅合わせも
何気なくても鼓動は高まる もう一度…

戻されない時計の針も 鏡ごしじゃ僕も逆さま
二、三時間が今 同じ感じじゃないけれど
隣に居たい

遠い記憶に 雨の音が
不安定な心の鼓動に重なる

残された胸の痛みに 細切れになる昔(とき)の記憶
染み付いた君の匂いを 寝た後にまた思い出しても…

戻されない時計の針も 鏡ごしじゃ僕も逆さま
目を閉じるだけの不安に 何故か涙がこぼれてくよ

さようなら




コメント

名前:
コメント: