きみのともしび

きみのともしび【登録タグ: くらP 初音ミク

作詞:くらP
作曲:くらP
編曲:くらP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 大切なものは、失ってから気づくことが多い。当たり前のようなことが、実は儚い。そんな気がします。
  • ところで写真は(ry

歌詞

小さな夢でした
君と二人で
いつもの公園で線香花火

月明かりが照らす 君を
ずっと眺めていたかった

さっきまできらきらと耀いていた灯火も
線香花火にように儚げに
燃え尽きてしまうと知る

木の葉が色づくころ
袖を通した
私らしくない浴衣姿

冷たい風 吹き抜けていく
君に喜んでほしくて・・・
馬鹿みたいね


星空をふと見上げ
君のいる場所探しても
街のあかりが君を隠すから
ここからじゃ見えないよ

もし夢で逢えたなら
そう願っても叶わないのは
君がいない世界で目覚めたときに
涙してしまうことも わかっているからなんだね・・・

さっきまできらきらと耀いていた灯火も
いつか必ず絶えてしまうから
大切に見つめよう

コメント

  • 泣けた -- ボウレイ1号 (2009-12-12 14:05:08)
名前:
コメント: