転生~Spirituality~

てんせい【登録タグ: なおぽ 神威がくぽ

作詞:なおぽ
作曲:なおぽ
編曲:なおぽ
唄:神威がくぽ

歌詞

あの頃は輝いていた
あの頃は煌めいていた
もう戻れないのならこのまま
静かに眠りにつこう

手にした思い出は幻だと
僕は
ずっと気付かなかった

永久の愛を誓うことは永久の苦痛を背負う
誰も愛さぬまま命終える僕は幸せだった

寄せて返す波のようにこの喜劇も
繰り返すと信じていた
流れている川のようにこの悲劇も
流れ去ると信じていた

瞬く間に通り過ぎる日々は儚くて

新たな美しい喜びは新たな醜い悲劇を生む
幸せを追いかけて気付けば
深い闇の底にいた

目と耳を塞いだその時が
何より幸せだったと思う

夢を刻んだ朝 二人だけの足跡が残った
僕の腕の中で消えた君は
なぜか微笑んでいた

寄り添うことさえもできないまま僕は
君を愛していたのだろう
本当は誰より一人を恐れていた
繋がることを願っていた

さよならさえ残せないまま君は消えてゆく

悲しい目で微笑んでいた
優しい言葉で傷つけた
壊れた世界の最期のように
せめて美しく散りたい

そばにいるだけでよかったのだと
僕はずっと気付けなかった

あの頃は輝いていた
あの頃は煌めいていた
もう戻れないのならこのまま
静かに眠りにつこう

さよなら愛しい思い出よ
さよならこの僕の身体よ
あの時言葉に出来なかった
想いを今伝えよう

遠い空で囁く鳥たち
僕をそっと優しく看取った

限られた時間の中で眠らせて
来世(つぎ)こそは必ず幸せになろう

コメント

  • すごく綺麗で儚げな曲ですね。眼から毘沙門天が・・・。 -- 名無しさん (2009-11-28 20:23:39)
名前:
コメント: