星の駅

ほしのえき【登録タグ: 999P 初音ミク

作詞:999P
作曲:999P
編曲:999P
唄:初音ミク
コーラス:鏡音リン

曲紹介

  • 優しい歌詞と歌声が胸を打つ、故郷の空気が吸いたくなる曲。

歌詞

夕暮れに光るホーム 冬の空見上げる
輝いた故郷の星 切なくて揺らいだ

こんなに離れて 寂しいけれど
大切な日々が 消え去る前に

星よ伝えて ここより遠く
暗い闇抜き去り 天の川を越え
星よ伝えて 銀河の果てへ
溢れ出す想いが 駆け抜ける 星の駅


シグナルの蒼い光 この胸に点れば
走り出す心の汽車 あの星を目指して

戻れない勇気 だきしめながら
哀しい気持ちが 拡がる前に

星よ伝えて 命の詩を
遠くても聞こえる 鼓動響かせて
星よ伝えて 夜空を越えて
寂しげな瞳で やって来た 星の駅


星よ私の 願い届けて
震えてる心を 見守って下さい
星よ伝えて 銀河の果てへ
真っ直ぐな瞳で 旅立つの 星の駅

コメント

名前:
コメント: