陽炎 > 冬沙

かげろう【登録タグ: MEIKO 冬沙

作詞:冬沙
作曲:冬沙
編曲:冬沙
唄:MEIKO

曲紹介

  • MEIKOの美しく暖かい歌声が響くピアノバラード
  • 目標に向かって進む人へ、その出会いや今までのことを振り返りながら、感謝と愛を歌った歌。

歌詞

piaproより転載)

何時でも 明るく 笑顔で 寄り添いあってた
今も誇りにできる そんな毎日でした

始まりの日々は、何処にでもあるような
沢山の出会いの、一つに過ぎなかったけれど

弱くて、脆かった私を、そっと守ってくれた
貴方と過ごした日々は、私にとって奇跡でした

不安になるくらいに、幸せでした…
永久に続いてと、願ってました…

これ以上、何も望まなかったけれど
私たちには、贅沢だったのでしょうか?


貴方と(何時かに) 二人で(寄り添い)
交わした(少しの) この約束は
胸にある褪せないままの 記憶の(残した)欠片に

今でも(感じる) 貰った(愛しき)
優しい(貴方の)この温もりが
淡い陽炎のように、心に揺らいでいます

  • - -

今一人発つ貴方の傍で、
育んだ幸せ、もう一度噛み締めています

今でも(皆に)誇れる(かけがえのない)
優しい(私の)想い人よ
ありがとう、そして、さようなら

穏やかに、見送ります

コメント

名前:
コメント: