シガツノアメ

しがつのあめ【登録タグ: ハナブサキックP 初音ミク
作詞:ハナブサキックP
作曲:ハナブサキックP
編曲:ハナブサキックP
唄:初音ミク

歌詞

ピアプロより転載)

春に 咲いて 散る 花びらと
ゆらり ゆれて 舞う 恋心
よみがえる 記憶が
この季節 だぶって

こころ 奥に ある 雨模様
こんなにもそばに 咲き乱れ
繰り返す 季節が
階段を 上るように


降り出す雨にうたれて
流されたとしても
同じ色になって
また咲け


歩き出す 雨の中 
二つの道を
忘れられない ふたりのときが
こころにささる

さよならは 言えぬまま
まだ見ぬ明日は
四月の雨で にじみぼやけて
遠い朝に

Ah Ah・・・


春の 風が 吹き つれてきた
雲の 涙 枯れ 果てるまで
冷たい雨 不安と
閉じ込めた 雨宿り


いつの日か交わした瞬間
戻れないとしても
つぼみをつけるように
はじまれ


歩き出す 雨は止み
花は散っても
振り返らない にじみぼやけた
そらを見上げ

さよならを いえたから
晴れ模様だね
優しく濡れた二つの道を
歩きだそう

Ah Ah・・・

コメント

名前:
コメント: