紀元の樹海

きげんのじゅかい【登録タグ: k-waves LAB 初音ミク

作詞:k-waves LAB
作曲:k-waves LAB
編曲:k-waves LAB
唄:初音ミク

曲紹介

  • どこぞの笛吹きであるk-waves_LAB(Kou Ogata)のエスペラント語のオリジナル曲
  • 曲と歌詞は、作者が以前訪れた、屋久島の情景にインスピレーションを得ている

歌詞

ĉi tie estas verda tero. (ここは深緑の地。)
la varo fluas rivero. (渓流には川が流れている。)
la arbara maro etendigi alte (そびえ立つ樹海には)
kreskas belaj muskoj (美しいコケが生い茂っている。)

ĉi tie estas tena tero (ここは営みの大地。)
vivajo apogi reciproke (生き物たちが共生している。)
multa animaloj kaj plantoj vivas (多くの動物や植物が)
kun abunda naturo (豊かな自然と共に生きている。)

la arbaro naskas varmetajn vivojn (森は暖かい命を生み出し、)
kaj povas doni vigoron (活力を与えてくれる。)
vivojo necesas akiri (生き物には、自然の)
natuton favoron (恵みが必要なのだ。)

mi daŭrigas protekti la arbaro (ワタシは千年以上の間)
periodo supra mil jaroj (この森を見守り続けてきた。)
en tiu, kiom da vivo ili naskas, (その中で、一体どれほどの命が生まれ、)
kaj perdas efektive? ekzemple, (失われていったことだろう。例え、)

la tempo pasas transiri, tamen (例え時は移り過ぎていっても)
la arbaro ne ŝanĝiĝi. kaj sole (この森は変わることはなく、ただ、)
ili ekzistas silentaj. (静かに佇んでいる。)
sole silentaj. (ただ静かに…)

PV


コメント

  • このエスペラント、海外の人に理解されないようなので、おせっかいですが -- superstar (2011-09-29 09:56:35)
  • 日本語には無い、独特の響きが気に入った。 -- 龍奇 (2011-10-21 21:04:55)
  • 単語のアクセントや音節が旋律と一致していないから、西洋人には変に聞こえるはず。 -- 名無しさん (2012-06-18 12:30:24)
  • varoってvaloの誤表記だな。 -- 修正者 (2013-07-13 13:30:41)
  • K-waves LABさんの曲大好きです。メロディが好きです。 -- 元禄 (2014-07-02 22:27:13)
名前:
コメント: