誰も知らない場所へ

だれもしらないばしょへ【登録タグ: よんせんP 鏡音レン

作詞:よんせんP
作曲:よんせんP
編曲:よんせんP
唄:鏡音レン

歌詞

ピアプロより転載)

その部屋は辛い顔で満たされていた
視線が刺さる 何も言わず
「何故来た?」と言いたそうな口を歪ませ
いつもと同じくだらない喜劇

太陽が昇る頃は気持ちは重く
体もひどく疲れていた
あの部屋に戻る事を思い出したら塞いだ
だが繰り返すしかないさ

独りになる事だけ考えながら
どこまで走り続ければ終わるのか

灰になって 空に舞って すべて見届けてやるさ そして
風を受けて 遠い場所で ただ静かに眠るんだ
何も言わず 誰も問わず ノイズは拾わないんだ いつか
何もかもが 許せたなら 静寂がもどるはずさ 
酷い夢さ

今よりも明日はまたきつくなるのさ
何故かはいつも君次第さ
口にしたその瞬間敵に変わった
理屈も通じないで堕ちるだけさ

見えない不安だけでギリギリだから
すべてが嫌になる前に消えるのさ

指を絡め 画面見つめ ここじゃない時間を描く
何も出来ないまま 今日が終わる 諦めだけが救いさ
力尽きて 倒れたなら そのままで朽ちたいのさ
お前の差し出した 救いの手は 偽りで出来てるのさ
何もかもが

限界感じながら今日も生きてた
答えを歌うためだけにここにいる

灰になって 空に舞って すべて見届けてやるさ そして
風を受けて 遠い場所で ただ静かに眠るんだ
何も言わず 誰も問わず ノイズは拾わないんだ いつか
何もかもが 許せたなら 静寂がもどるはずさ 
酷い夢さ 今は

コメント

名前:
コメント: