皮膚の下にある嘘の無いもの

ひふのしたにあるうそのないもの【登録タグ: きゃしゃんP 氷山キヨテル 裏花火

作詞:裏花火
作曲:きゃしゃんP
唄:氷山キヨテル

曲紹介

という訳で改めまして。うちのキヨtellのデビュー曲。聴いて下さい。(投コメより転載)

歌詞


まぎれもないものが欲しかった
ホンモノじゃなくても
けなげで一途な何かが
ずっと欲しかった
それは


真夜中不意に居場所を失う
切れかけた蛍光
瞬くアスファルト
おろおろと立ち尽くして
行きたいんだと切望する
血が出そうなほど

どこに
どこに?
殴りつければいいじゃないか
自分の欲望を
歩き出せばいいじゃないか
逆巻く風に顎を上げて
道はあるはず
この無明の闇にも出口があることなんか
胸ン中、ど真ん中のどっかで知ってる
誰もが


明け方不意に理想を失う
切れかけた充電
瞬くアラート
くらくらと立ちすくんで
知りたいんだと締め付けられる
息止まりそうに

どこに
どこに?
蹴り飛ばせばいいじゃないか
自分の焦燥を
走り出せばいいじゃないか
しのつく雨に顎を上げて
声がするはず
この無常の闇にも出口があることなんか
胸ン中、ど真ん中のどっかで知ってる
とっくに

まぎれもないものが欲しかった
偽りじゃないもの
けなげで一途な何かが
ずっと欲しかった
それは螺旋の向こうに輝く
飴色の太陽のようで
僕はずっと恋焦がれてた

朝焼け不意に思考が澄み切る
切れかけた酩酊
瞬く真空管
ゆらゆらと沈んでって
これだったんだと何故か悟って
指ぼやけていく

どこに
どこに?
叫び続けていいんじゃないか
自分の葛藤を
探し続けていいんじゃないか
刺し突く雪にうなだれても
あの鳥のよに
この霧中の闇にも出口があることなんか
胸ン中、ど真ん中のどっかで知ってる
知ってる

まぎれもないものが欲しかった
ニセモノじゃないもの
けなげで穢れぬ何かが
ずっと欲しかった
それは鼓動の向こうで息づく
血の色の心臓のようで
僕はずっと恋焦がれてた

まぎれもないものが欲しかった
ホンモノじゃなくても
けなげで一途な何かが
ずっと欲しかった
それは

皮膚の下にある嘘の無いもの

コメント

  • これは神!テル格好良すぎる!! -- 名無しさん (2009-12-15 15:01:41)
  • 歌詞がスッゴクいい!!心にジンとくる!! -- 名無しさん (2010-02-16 22:45:51)
  • キヨちゃんいいじゃん! -- 名無しさん (2010-03-01 17:41:49)
  • 歌い方も歌詞もメロディも、要するに全部がツボ。 -- 名無しさん (2010-08-21 15:58:56)
  • この曲でキヨテル好きになった! -- 名無しさん (2011-09-17 00:35:26)
名前:
コメント: