シルバームーントランキライザー

しるばーむーんとらんきらいざー【登録タグ: レッドカードP 初音ミク

作詞:レッドカードP
作曲:レッドカードP
編曲:レッドカードP
唄:初音ミク

曲紹介

  • レッドカードPの121作目。
  • まっさきにタイトルが思い浮かんだ。トランキライザーはあんまり関係ない。本文と関係ない。(作者コメ転載)

歌詞

行き交う人は夕立が過ぎたあと
重たい夜の輝く月を見ていた
失う物は置いてきた道標
ねむたい朝の澱む空気の中で

飛べない鳥が諦めていた空に
続く道が雲の隙間から覗く
癒えない傷をかばいながら震える
ぬるく優しい鉄の格子の中で

自動販売機の中も暖かな季節
お汁粉とココアを飲み干したら
空を見上げて

銀色に光る月が
朝に浮かべば青い空
白い雲もどこか
ただゆらゆらと漂う

行き交う人は夕立が過ぎたあと
重たい夜の輝く月を見ていた
失う物は置いてきた道標
ねむたい朝の澱む空気の中で

電車が走る今日もまた音を立てずに
乗車率300%のすし詰めの朝

見入るほどに美しい
月の水面に薄化粧
浮かんで消える雲
晴れた日の朝9時頃

銀色に光る月が
朝に浮かべば青い空
白い雲もどこか
ただゆらゆらと漂う

コメント

名前:
コメント: