Luxurious times

【登録タグ: L maya miki

作詞:maya
作曲:maya
編曲:maya
唄:miki

曲紹介

  • さわやかでせつないロックになっています。(作者コメ転載)
  • 記念すべきmiki初投稿曲。

歌詞

乾いた大地を 駆け抜けるキミを追いかけて
憧れた空へ 二人飛べたならいいね

そう…わかってる この時がいかに贅沢なのか
煌いた海 あの人がはしゃいでる

いつまでもこのまま二人で 抱き合ってたかった
気づかないまま通り過ぎてた 輝いた太陽

窓越しの風景が僕を迎える
聴こえてた風の声は今も変わらない

車の中眠そうな仕草でささやいた言葉
今でも切なくなるから 忘れられるかな…

寂しい夜には月が語りかけてくれるよ
サヨナラを告げた朝の記憶から抜け出そうか…

あの朱い日の太陽 キミを照らしていた
駆け出すキミと 白い砂を飲み込む海が悲しかった…

いつまでもあの頃の二人でいれるはずだった
気づけないまま時が止まった 輝いた季節

乾いた大地を駆け抜ける風を追いかけて
キミのいる空へ 僕も飛べたならよかった…

一度でいいから… ごめんねを伝えられたなら…
笑って… お願いだから… 眩しいはずの太陽…

乾いた大地を濡らした涙を拭いたなら
キミのいる空へ… 僕も笑えたらいいな…

コメント

名前:
コメント: