VOID > HIDAKA

【登録タグ: HIDAKA V 初音ミク

作詞:Lunatic
作曲:HIDAKA
編曲:HIDAKA
唄:初音ミク

曲紹介

  • 歌モノとしては初めての4分の3拍子の曲です。聴き易さ優先で作りましたが、どうでしょう?(作者コメ転載)
  • 何かを失くした時の虚無感。あんなに眩しく目指したものが今では遠すぎて・・・。(作詞者コメ転載)

歌詞

声を失くしたカナリアはどんな夢を
その小さな瞳に映す
翅(はね)が千切れてれば胸に抱(いだ)く事も
幼い記憶に捨てたのに

静寂の夜は 孤独の調べを
雨音が愛(め)でる旋律 誰にも歌われない

小さな背中を震わせて
幾度となく涙を落とした
どれだけ悲しみに濡れれば
水面(みなも)に微笑む事が出来る 嗚呼

愛を失くした人々は何を信じ
その小さな心を満たす
大地が空を花が雨に手を伸ばし
空っぽの乾きを潤す

闇染めの暮れに 哀愁漂う
それぞれ奏でる旋律 誰にも聞こえなくて

カナリアの翅(はね)のように咲く
眩(まばゆ)い夢 また眩(くら)ませては
瞳を開けると覚めてゆく
浅い幻想(ゆめ)の色彩と気づく 嗚呼

声を失くしたカナリアはどんな夢を
その小さな瞳に映す
翅(はね)が千切れてれば胸に抱(いだ)く事も
幼い記憶に捨てたのに

小さな背中を震わせて
幾度となく涙を落とした
どれだけ悲しみに濡れれば
水面(みなも)に微笑む事が出来る 嗚呼

カナリアの翅(はね)のように咲く
眩(まばゆ)い夢 また眩(くら)ませては
瞳を開けると覚めてゆく
浅い幻想(ゆめ)の色彩と気づく 嗚呼

コメント

名前:
コメント: