PRAY...a

【登録タグ: KAITO P 仕事してP

作詞:仕事してP
作曲:仕事してP
編曲:仕事してP
唄:KAITO

歌詞

夜霧の路を
ただ彷徨う者は
一人の幼き娘に
恋をした

初めて会ったのは
いつの頃だったか
秋風が頬を撫でた
宵の中

娘は部屋の中
ベッドに横たわり眠る
白く透き通る肌が
痛々しい

小さく窓を叩く男に
娘は微笑む
言葉も交わす事の無い
ふたり

誰かが言った
あの子の病は
を待つだけの
不治の病

神よできることなら
この願い聞き届けよ
"幼き命奪う事なかれ"

どうしても必要と
いうのなら
私の命
あの子の変わりに
奪っていけ

コメント

  • 歌詞って[あの手]じゃなくて[あの子]じゃないですか?多分だけど(・ω・`)  切ないけどいい曲 大好きだ -- 瞑 (2010-03-29 10:49:45)
  • ↑あの「子」だったwwww修正しました。 -- 名無しさん (2010-07-23 16:12:30)
名前:
コメント: