Delta

【登録タグ: D 夏目P 巡音ルカ

作詞:夏目P
作曲:夏目P
唄:巡音ルカ
協力:ハツネンさん、cocotukiさん


曲紹介

  • 再現度の高いライヴ感が堪らないファンクロック
  • MMDを使用した映像製作はPV『「無い」ライブ』等で空気感の表現に定評があるメガネミクP【

ライブシチューエーション物第三段です。

【脳内あらすじ】
某大学軽音楽部。
学園祭が一週間後に迫る中、ヴォーカルが急性盲腸炎で
入院してしまい緊急会議中の他メンバー。
そこへ偶然通りかかった女声合唱サークル所属の巡音さん。
何やかんやと言いくるめられ気付くと部室でマイクを持たされる。
そして怒涛の一週間が過ぎ、迎えた本番。

ドラム…部長。温厚な性格でバンドを纏めるリーダー。
ベース…5弦スティングレイ使い。女性とは思えない凄腕として
近隣の大学からも畏れられる存在。
ギター(兄)…。双子の兄。ジミヘン信者。ヘタレ。
ギター(妹)…ギター。双子の妹。レッチリ大好き。
兄に「ミーハーな奴」といつも馬鹿にされている。
キーボード…留学生。プチアフロ。ビリープレストンを敬愛している。
巡音さん…半ば強制的に加入させられたものの案外楽しんでいる。
初音さん…入院中
(PIAPRO A某「Delta」より転載)

歌詞

(動画より書き出し)

乾いた風 横顔に馴染む
焦げた空気 体に張り付く
イカれたあの光目指して進む

気付けばそう いつも囲まれてる
いつだって そうやって生きてきた
どう凌ぐかって? ただ動き続けるだけさ

未来なんて無い もう駄目だなんて
喚いて見せても 何も変わらない
ボヤボヤしてると 身動き取れない
そうさ仕掛けるのは 今しかない


いま 地を踏みしめ 利き足出し
絡みつく鎖を薙ぎ払え
欲しい未来があるんだろう?
飛ばして行こうぜ

夢に飽きたら未来を望め
未来に飽きたら現在を走れ
倒れるまで進み続ける
見上げる先に星一つ


煌く残像 肩越しに映る
古びた記憶 胸に込み上げる
無くした道標壊して進む

気付けばそう いつもの繰り返し
振り返れば あの鈍い眼差し
想い溢れる ただとっくに涙は枯れた

逃げ場なんて無い やるかやられるか
生き残るために 目をそらすな
グズグズしてると 押し込まれるだけ
そうさ牙をむいて 立ち止まるな


いま 降りかかる 銀色の雨
あの部屋に置き忘れてた夢
帰る未来があるんだろう?
救われるはずさ

夢を見るなら光を灯し
光を見るのなら立ち止まり
霞み出す記憶の彼方に
浮き上がる残像はただ一つ

キミが言った 記憶の影
捨て去ることなく帰る場所へ
欲しい未来があるんだろう?
飛ばして行こうぜ

夢に飽きたら未来を望め
未来に飽きたら現在を走れ
倒れるまで進み続ける
見上げる先に星一つ


コメント

名前:
コメント: