因幡の白兎

いなばのしろうさぎ【登録タグ: KAITO イントロP

作詞:イントロP
作曲:イントロP
編曲:イントロP
唄:KAITO

曲紹介

  • 神話的な意味での「スサノヲ」の続編らしい。
  • 間違ってもてゐ云々とは直接関係はありません。

歌詞

隠岐島 砕ける飛沫
佇む白き姿は 一羽の兎
赤き目玉に映るのは 愛しき故郷
海の向こう 因幡の地

ここに並べわに達よ
数比べをいたしましょう
どちらの仲間が多いのか
私が数えて差し上げましょう

兎 兎
舞い 跳ねる
わにの背中を 軽やかに
走れ 走れ
飛沫上げ
海原の向こうまで

一 二 ノ 三匹
四 ノ 五 ノ 六匹
七 八 九 十
渡り道
わにを欺けり
因幡の兎

まんまとわにを騙し
因幡へ渡った兎は
喜ぶあまり、
つい本当のことを告げてしまう

するとわには怒り、兎を捕まえて
その毛皮を毟り取ってしまった
兎が蹲っていると そこへ、
八上姫を訪ねる八十神達が
列を成してやってくる――

傷つき伏せった兎に
嘯き言葉をかける 神々の声
海の水を体に浴び
風に当たれば
傷はなお痛むばかり

(体を丸め泣く兎)
(通りかかる優しき神)
(大きな袋を携えて)
(微笑む姿は大黒様)

兎 兎 
泣かないで
河の清水を浴びなさい
蒲の 花に
包まれば
その傷は癒えるだろう

大黒様の御言葉の通りに
したなら身体は元通り
白く美しき
因幡の兎

騙した罪を省みて
神に告げる白兎
心優しい貴方様は
きっと姫と結ばれるでしょう

兎 兎
舞い 跳ねる
因幡の国を 軽やかに
白く 白く
飛沫上げ
打ち付ける 波のように

欺く罪と慈悲深き神との
昔々の物語
語り継がれし
因幡の兎

コメント

  • 僕は好きです。大黒様KAITOが好きです。 -- ユイト (2010-02-14 23:18:09)
  • 東方ネタかと思ったww -- 美欟 (2011-06-26 20:55:03)
  • 良い曲だ… -- ひな (2012-03-04 09:09:21)
  • すごい好き。 -- 名無しさん (2013-12-02 00:20:09)
名前:
コメント: