紅の花

くれないのはな【登録タグ: KAITO わんだらP 殿堂入り

作詞:わんだらP
作曲:わんだらP
編曲:わんだらP
唄:KAITO

歌詞

降り続けて積もる過去は
冬と見まがう景色
訪れぬ次の季節を
知りながら目を閉じる

望む事が 鎖になるならば
帰るところなどいらない

この胸の奥深く ただ息を殺して
咲かぬまま潜む 紅の花を 震わせるものは
遠いあの日に出会い 交わさずに別れた
追憶に生きる かの人の面影
愛よ眠れ 覚めぬまま

凍てついた白い記憶が 時折生む幻
ぬくもりに誘われても 惑わずに背を向ける

願う事が 枷に変わるならば
安らぐ場所などいらない

香る言葉秘めた 唇の花弁を
かたくなに閉ざす 沈黙の花を 紅く染めたのは
はやる鼓動にたぎり 駆け巡る血潮と
燃え上がり熱く 盛り猛る焔
愛よ沈め 解けぬまま

冷たい月の (チルコトヲシラズ)
降らす光が (カレルコトモナイ)
照らし出す 決して相容れることなき影

この胸の奥深く ただ息を殺して
もう二度と咲かぬ 紅の花を 今 ひとつ手折り
褪せる事なく光る 微笑みと涙を
追憶にみせる かの人に捧げて
愛はここへ 置き去りに

コメント

  • 殿堂入りおめでとう! -- 名無しさん (2009-06-12 02:21:27)
  • この歌ダイスキだよ.... -- 黄姫 (2009-06-19 20:55:24)
  • beast -- 名無しさん (2010-04-16 04:33:12)
  • 好き -- 名無しさん (2012-09-04 15:44:12)
名前:
コメント: