冬の花

ふゆのはな【登録タグ: はっさくP 鏡音リン

作詞:はっさくP
作曲:はっさくP
編曲:はっさくP
唄:鏡音リン


歌詞

PIAPROより転載)

冬鳴りの鐘一つ二つ数え凍える両手に吐息は白く
心だけ一人きり逸れたまま人の海の中泳いでいます
浮ついた街並みの隙間から母に手を引かれる子供の声
懐かしさに記憶とらわれては色を忘れていく夜にまどろむ

根雪奏でる心模様 積もり積もる慕情の徒然に
時の幻映しては遠く手を振っていたよ

白くて優しい雪はひらひらと心に染み渡る
空から全てさらってしまうようにただ降り積もるだけ

時に面影とは皮肉なほど簡単に誰かと重なってく
よく似た後姿見つけては肩をすくめて顔をしかめてます
思えばいつだってそうね、かじかんだこの小さな両手の平の中は
かつてあなたが無心で集めて私にくれたもので溢れてる

枯れ葉舞い散る街路樹を白く彩る雪は冬の花
変わることさえ知らずただ無垢な色はあの頃のまま

孤独で儚い雪はたそがれた浮世を曇らせる
二度とは帰るはずのない待ち人の影を燻らせて

根雪奏でる心模様 積もり積もる慕情の徒然に
時の幻映しては遠く手を振っていたよ

寒い夜は恋しくて互いの温もりも際立つから
あなたを忘れたとて心裏腹に泣いてしまう

白くて優しい雪はひらひらと心に染み渡る
空から全てさらってしまうようにただ降り積もるだけ



コメント

名前:
コメント: