まちかぜブルー

【登録タグ: KAITO ベース缶P

作詞:ベース缶P
作曲:ベース缶P
編曲:ベース缶P
唄:KAITO

曲紹介

  • ふとした瞬間に、ずっと一緒に居たのに知らなかった事や、いつの間にか変わっていた事に気付いて、
置いて行かれるような不安を感じたりする。(でもずっと一緒に居たい!)(投コメより)
  • そんな感じの、韻を踏んだ歌詞が耳に残る恋愛ロック

歌詞

(ピアプロより転載)
上には空
地には足音

外の路
僕は未知の中

君は昔みたい苦い顔せず
珈琲をひとくち

青い風が 僕の横をふわり舞って 待って
僕はゆるく息をはいたりとかして 知って
まちかぜが ながれていく
今は君を好きでいたいよ と
呟く 「   」


右塞がり
左からっぽで

そっと 指が風に触れるの見てた
意識遠く 左手

遠くの空 届かない手伸ばしたって 立って
この声は 明日の君に届くかなって 鳴って
まちかぜに のせていく
今は君を好きでいたいよ と
叫んだ 「   」


いつもの街に風
僕には待ち風


風が吹くくらいの事さって 去って
追いかけてもきっと間に合わないって 行って
まちかぜが つれさってく
今は君を好きでいたいよ と 歌った

出来る事ならこのまま隣に居て 言って
例えば「この時間が続くなら」って 笑って
まちかぜよ うばわないで
ずっと君を好きでいたいよ


コメント

  • 凄く好きな曲です。もっと伸びろ! -- 名無しさん (2012-05-24 22:50:53)
名前:
コメント: