キミ×キミ

きみきみ【登録タグ: K音ガオーッP 初音ミク 鏡音リン

作詞:底辺スレ民、K音ガオーッP
作曲:K音ガオーッP
編曲:K音ガオーッP
唄:初音ミク、鏡音リン

曲紹介

  • またまた底辺P達がやってきました
    今度の曲は「青春パンク」!(主コメ)

歌詞

ピアプロより転載)

校庭の眺める先に キミの背中見つけ出せば
色褪せた風景の中 そこだけがきらめいてた

振り向きキミに手を振れば 全ての景色が色に染まる

青春だと呼べるか分からないけど
キミがそこに居るなら
巡り来る別れの季節でさえも
迎え撃てる そうキミが居るから

下駄箱で待ち伏せている キミの影を見つける度
退屈な毎日がすぐ 簡単にかがやききだす

ほころぶ花の蕾さえ 戸惑うほどに叫んでもいいよ

青春だと言えるか分からないけど
キミに逢えた事一つで
迎え撃つ別れの季節が来ても
ためらわない ほら春の足音

誰も居ない教室の隅 ゆれるカーテンが歌う程に

青春だと呼べるか分からないけど
キミがそこに居るから
笑い合って喧嘩をしたりもしたね
けれど離れない ずっと繋がっている

青春ならキミと居た時すべてを
そう呼んでもいいと思える
分かれ際 手を振り交わす約束
サヨナラ元気で また再会の日まで


コメント

名前:
コメント: